抗真菌薬クロトリマゾールについて

性器カンジダ症とは、カンジダ属のカンジダ・アルビカンスが原因の性感染症です。女性の4人に3人が発症すると言われています。もともと人が本来持つ菌が原因で、自己感染することも多い病気です。女性特有の感染症と思われがちですが、まれに男性に起こることもあります。男性の場合は亀頭包皮炎を招いて、亀頭や陰嚢(いんのう)にかゆみやただれ、赤い発疹(ほっしん)、弱い痛み、白いカスが出るなどの症状が現れます。

カンジダ症や、水虫など、の性感染症はとても言えない病気で、本サイトはカンジダ症や、水虫などの抗真菌薬クロトリマゾールについて紹介します。
クロトリマゾールは、カンジダ症や、水虫などの皮膚真菌症に用いられて、イミダゾール系に分類されている抗真菌薬になります。男女問わず使用することが可能です。塗布タイプのクロトリマゾールジェルは、内服薬に比べ、刺激痛などの副作用も比較的少ないと言われています。

クロトリマゾールの成分

クロトリマゾールの主成分クロトリマゾールは感染症の原因となるカビの増殖を抑制し、体内に異常増殖した真菌(カビ)を殺菌する効果があります。この殺菌作用は、水虫、いんきん、たむしを引き起こす白癬菌やカンジダ症を引き起こす癜風菌に有効なため、これらの治療に用いられます。

クロトリマゾールの使用方法

クロトリマゾールの使用は症状によって用量は異なりますので、普通なら 清潔にした患部の箇所に、1日2〜3回ジェルを塗布して下さい。
塗ったことによる痛みなどを感じることはほとんどなく、副作用はほとんどありません。続けて使ってみても症状が緩和されない場合、医師に相談して下さい。

クロトリマゾールの注意事項

クロトリマゾール ジェル には併用禁忌薬がありますので、他の医薬品やサプリメントを同時に服用する場合は必ず医師または薬剤師にご相談下さい。
重い肝臓病や心臓病の方、主成分のクロトリマゾールに過敏な方は注意が必要です。
心配な症状がある場合、必ず医師に相談をしてください。
クロトリマゾール ジェル について詳しくお知りになりたい場合は、医師または薬剤師にご相談ください。ご不便に感じられる点もあるかと思いますが、何卒ご理解頂けますようよろしくお願い申し上げます。
クロトリマゾールの副作用
クロトリマゾールは安全性の高い薬で、ほとんど副作用は無いと言われています。しかしごく稀にですが、患部の刺激・皮膚炎・発赤などの報告があります。使い始めは様子を観察しながら使って下さい。

サポートサイト:シアリスの効果を徹底比较サイト

? 性感染病治療薬をオススメ

レボフロックス

クラビット

アジー